06-6467-4005

お問い合わせ

閉じる

税務ナレッジ

【税務の基礎知識(所得税)】特定居住用財産の買換え特例

【税務の基礎知識(所得税)】特定居住用財産の買換え特例

2019/11/27

【特定居住用財産の買換え特例】 ・特定居住用財産の買換え特例とは 特定の居住用財産(マイホーム)を売却して、新たに居住用財産を買い換えた場合において、一定の要件を満たす場合には、売却によりもうけた金額に対する課税を将来に …

続きを読む

【税務の基礎知識(所得税)】空き家に係る譲渡所得の特例

【税務の基礎知識(所得税)】空き家に係る譲渡所得の特例

2019/11/20

【空き家に係る譲渡所得の特例】 ・空き家に係る譲渡所得の特例とは 被相続人が居住していた土地建物等を相続又は遺贈により取得した人が売却した場合において、一定の要件を満たす場合には、売却によりもうけた金額から3,000万円 …

続きを読む

【税務の基礎知識(所得税)】居住用財産に係る譲渡所得の計算

【税務の基礎知識(所得税)】居住用財産に係る譲渡所得の計算

2019/11/13

【居住用財産に係る譲渡所得の計算】 ・居住用財産の特別控除の特例とは 個人が居住用不動産(マイホーム)を売却した場合において、一定の要件を満たす場合には、売却によりもうけた金額から3,000万円を控除することができます。 …

続きを読む

【税務の基礎知識(所得税)】土地建物等に係る譲渡所得の計算

【税務の基礎知識(所得税)】土地建物等に係る譲渡所得の計算

2019/11/06

【土地建物等に係る譲渡所得の計算】 ・土地建物等に係る譲渡所得の計算 個人が土地建物等を売却した場合には原則として譲渡所得が課されることとなりますが、この譲渡所得に係る所得税額はその売却によりもうけた金額に一定の税率を乗 …

続きを読む

【税務の基礎知識(消費税)】新設法人の消費税課税期間の短縮

【税務の基礎知識(消費税)】新設法人の消費税課税期間の短縮

2019/10/29

【新設法人の消費税課税期間の短縮】 消費税の課税期間は原則として、法人であればその事業年度、個人であれば暦年(1月~12月)となり、原則的には1年間ということになります。 ただし、所轄税務署に「消費税課税期間特例選択・変 …

続きを読む

【税務の基礎知識(消費税)】消費税課税期間の短縮

【税務の基礎知識(消費税)】消費税課税期間の短縮

2019/10/23

【消費税課税期間の短縮】 消費税の課税期間は原則として、法人であればその事業年度、個人であれば暦年(1月~12月)となり、原則的には1年間ということになります。 ただし、所轄税務署に「消費税課税期間特例選択・変更届出書」 …

続きを読む

【落とし穴】源泉所得税の不納付加算税の認識誤りにより会社が損害を被った事例

【落とし穴】源泉所得税の不納付加算税の認識誤りにより会社が損害を被った事例

2019/06/12

【源泉所得税の不納付加算税の認識誤りにより会社が損害を被った事例】 ・源泉所得税の納付制度とは 源泉所得税の納付制度とは、法人及び個人事業主が一定の支払いをする場合に、支払いを受ける者が負担すべき所得税等を支払額から天引 …

続きを読む

【落とし穴】100%グループ内法人間の寄附金の損金不算入規定の認識誤り事例

【落とし穴】100%グループ内法人間の寄附金の損金不算入規定の認識誤り事例

2019/05/22

【100%グループ内法人間の寄附金の損金不算入規定の認識誤り事例】 グループ法人税制により100%の資本関係にある内国法人間で行なわれる寄附については損金不算入となります(寄附を受ける法人の受贈益も益金不算入となります。 …

続きを読む

【税務の基礎知識(グループ法人税制)】寄附金の損金不算入及び益金不算入

【税務の基礎知識(グループ法人税制)】寄附金の損金不算入及び益金不算入

2019/05/17

【寄附金の損金不算入及び益金不算入】 ・制度の概要 100%グループ法人間で寄附があった場合には、寄附を行った法人においては全額損金不算入となり、寄附を受けた法人においては全額が益金不算入となり、税務上は寄附に係る損益は …

続きを読む

【税務の基礎知識(グループ法人税制)】譲渡損益調整資産の譲渡損益の繰り延べ

【税務の基礎知識(グループ法人税制)】譲渡損益調整資産の譲渡損益の繰り延べ

2019/05/16

【譲渡損益調整資産の譲渡損益の繰り延べ】 ・制度の概要 100%グループ法人間で一定の資産(譲渡損益調整資産)の譲渡が行われる場合には、当該取引により発生した譲渡損益は税務上繰り延べることになっています。 この繰り延べら …

続きを読む